徒然我々日記in Vancouver,Canada

Canada Vancouverから東へ1時間のやや田舎町に生存中。 そんな徒然なる日々の暮らしの中にも楽しみを!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ナースのお仕事~カナダ編~

仕事が始まってからはや2ヶ月が経ちました。

最初はオリエンテーションから始まり、新卒のナースは20日間ある一対一の日本で言うプリセプターシップのような感じのものを最初は6日間、もと延ばして欲しいとお願いして10日間してからの独り立ち。

初の独り立ちは忘れもしない一日でした。

あまりにやることが多く、手がかかるためこの患者さんを受け持ったら2人分と考えて言いというくらいといわれている患者さんと、その他4人。合計5人。

朝一からある患者さんAは低血糖で、低血糖のプロトコールに添って色々しないといけない。しかも、検査のために朝食なしで絶食ねって言ったばっかりなのに。いつもは低血糖になる事なんて無かったのに・・・。
他にも薬が届いてなかったり、手のかかる患者さんのケアだったり・・・・。

あっという間に午前中の休憩。時間が無くて15分で出てきた。
その後も忙しさは続き、ドクターにコールしたり、その他もろもろ・・・・。
昼休憩もとれず。

気がついたら3時半で終業・・・・

PCC(師長のような感じ)も大丈夫?って聞いてくれたりしたけど、そのときに限ってちょっと忙しさの波が引いたときだったり。
なんか、こんな事頼んでいいのかとか、やっぱり自分でやって確認した方がいい事だったり、色々でなかなか頼めなかったり。

初日からこんなに忙しいのか?!って、まさしく許容量越え。
記録が全く出来てなかったから、残業して記録して家に帰ってだんなの顔を見たら泣けてきた。

こんな風に毎日やっていくのかとか考えたら、こんなの出来ないよ~って思ったくらい。
オリエンテーション中にはこんな風に忙しかった事も無いのに・・・~~って。

かなり弱気になってちょっと次にいくのが怖かった。

とりあえず、チャリンコのって運動して、ダンナにはなして、友達に話して、発散発散。
それで少しは収まったけど。
運よく?次のシフトまでに1週間空いたので、このストレスも何とか収まり、気分一新して第二日目。


そこからは何とか時間内に終えるか15分くらいの残業で済む程度にコントロール出来るようになり、
少しずつ仕事の流れも分かるようになり・・・・
分からない事があったらいろんな人を捕まえて聞いたり調べたり・・・・。

月曜日に入った仕事中にどんどんシフトが入り、結局5連勤。
二日休んだ後も、じゃかじゃかと仕事が入り、6連勤。

相当人が足りていないらしく、しょっちゅう電話がなるなる・・・。
独り立ちしてからの最初の2週目からの2週間はフルタイム以上に働いていました。
おかげさまでなんとかやっていけるようにもなり、仕事も楽しいと思えるようになりました。

日本に比べたらやっぱり受け持ち人数が少なく、一人ひとりに接する時間が長いので、人間関係が成り立つというか。
だから楽しいって感じるんだろうなと思う。

人と関わるのが好きな私は本来の看護ができている感じで楽しめている感じです。

そして、まぁまだ判断するのは早いのかも知れないけれど、
カナダでナースとして働いている人はみんな口をそろえて言うように、カナダでナースをしたら日本でのナースはもう出来ない!っていうのもなんとなく分かる!

残業は殆どないし、こんな新人の私でも残業したら残業代つけれるし、新人だからと甘あまで見られるというよりも、ちゃんと学校を卒業したナースなんだからちゃんと一人前に責任をもってやりなさいという感じがつよいから、
やりがいがあるというか・・・。患者さんのその日の状態はわたし次第で変わってくるって言うか・・・。


始まる前にブログでも書いたように、頑張りすぎず出来る事を自分のペースでやろうというのが、徐々に出来ている感じ。
嫌気がささないように、この調子でやっていきたいです。


そうそう、そして、救急車デビューしました(笑)
というのは、あるシフトに行った時の事。この日はフロートナースと言って、みんなのお手伝いのようなポジションでした。
チャージナース(チームリーダーみたいな感じ?)が、私をみるなり、
「ちょっとした仕事を頼まなきゃだめなのよ~。。」というので、なんだろうと思ったら、「ある患者さんが他の病院に搬送されて手術を受けるから、付き添って行って欲しいの。」と。

ほんとなら、このフローとナースはLPN(準看)の仕事。でも、LPNが見つけられなかったということで、カジュアルの私に回ってきた仕事。
一応RN(正看護師)なので、都合が良かったわけですよ。

というのも、患者さんの状態が悪く、意識朦朧で輸血中で、搬送中になくなるかも・・・・なんて言われていた状態だったから。一応DNR(蘇生なし)の患者さんだったけど、輸血があるとLPNでは付き添いが出来ないから。

という事で、約1時間後には救急車に便乗。
しかも、のったらすぐに輸血バッグ交換、利尿剤の投与をしなくちゃいけなくて、動く救急車の中で半腰になったりしながらやったわけですよ。
一応これが終わるまではサイレン鳴らさず普通のスピードで行ってくれたけど、救急車ってすっごい揺れる!
しかも、進行方向に向かって横に向いて座ってるから、気持ち悪くなって・・・。
輸血バッグの交換が終わったら、サイレン鳴らして飛ばす飛ばす。。
なるべく前を向こうとしてたけど、あまりに揺れるし、その景色はほんの少ししか見えないしで、病院に着いた時にはすっかり車酔い。
こっちの方が看病して欲しいわ。ってくらい気持ち悪かった~

患者さんの事あんまりってか、殆ど知らなかったのであんまり役に立たないような申し送りしか出来ず、ERの医師の質問に対して一緒になってカルテの中探したり・・・・(汗)すみませ~ん・・・・って何度も言ってました・・。
でも、優しい先生だったから良かったけど・・・。

という感じで、搬送は終わり、タクシーで病院へ帰っても車酔いで気持ち悪い~・・・って言いながら残りのシフトをして無事修了。

予想外のとんだ体験をしてしまいまいた。


職場の人達のことも段々分かってきて。
いい人もいれば、癖のある人もいたり。ま、どこの世界も一緒ですな。
そんな自分に合う人ばっかりじゃないのは分かっているから、そんなに気にならないけど。
あんまりべたべたした関係はなくて、だめな事はダメって言われるし、中途半端にいい顔しないって言うか。
ま、サバサバした関係を保てればいいかなって思います。

スポンサーサイト
  1. 2011/10/18(火) 16:08:42|
  2. 徒然ナース
  3. | コメント:6

RNへの道のり

今日からオリエンテーションが始まりました。これで本当にカナダで正看護師です!



やっとここまでたどり着いた。






昨日の事。

一人でチャリにのっていつもの川沿いへ行き、ボーっと景色を眺めながら考えた。
ここまでの道のりを。

自分の記録としてまとめたものを残しておきたいなと思ったので、時系列にしてまとめてみようと思います・・・。


(長めで、自分の記録なので、興味ない人にはとってもつまらないと思います)



2007年6月、日本でのナース生活に終止符。カナダでナースになるつもりはなく、これで終わりだ!と思っていた。

2007年7月26日、カナダへ渡る

同年、11月、待ちに待ったPRカード取得。これでやっと働ける。

2008年冬、せっかく日本で通ったフラワーアレンジの資格(お金払わなかったから資格は持ってないけど、合格はしましたよん)を使って花屋で働きたかった。
でも、あまりに田舎のためステキな花屋さんはなく、これはやばい・・。と思い始める。ナースの経験を生かして何かないかと探すも見つからず。保育所とかにも応募するもECEという資格がいるためかすりもせず。

2008年2月、働きたくなかったけど仕方なく近所のジャパレス(日本食レストラン)でバイト始める。
なんとなくやっぱりナースに戻ったほうが良いのかと考え始める。
ジャパレスで働くのはかなりきついし、何時まででも出来る仕事じゃない。給料も良くないし、自分が満足して誇りが持てるような私向きの仕事では無いと考え始める。
カナダで移民として立派に、一人前になる為に、「移民だから仕方ないよね」という風に言われないように(どこからこの考えが出てきたのか分からないけれど、多分負けず嫌いの性格なので、見下されたくなかったんだわ)自分が満足して、自分が誇れる仕事をしたいと考え始める。

2008年春。移民向けの英語の学校に2ヶ月ほど通う

2008年7月か8月はじめ、初めてのTOEFLを受ける。結果は最悪。自分の英語にさらに自信をなくす。
ここで、この英語力でナースを目指しても英語が乏しいと言う理由で自分も苦労するし、人の命を預かるのに、分かりませんでしたとか、聞き間違えましたではやっていけない。
いきなり、ナースを目指さなくても、とりあえず看護の世界ならやっていけるのではと思い、Care aid(介護師)に進む事を決める。
ナースの経験があれば雇ってもらえるのではと色んな施設にコンタクトをとるも、資格が無いと雇えないと言う所ばかりで、カナダの資格社会を思い知る・・・・

2008年9月。Care aidの学校をパワーサーチ!!(ものの数日で決めたと思う)結局すぐに始めたいと言うのと、家から近いと言う理由でVancouver Career Collegeへ。
後から知ったけど、この学校、あんまり評価が良くない部分もあるみたい・・・。
しかも、これも後から知ったけど、施設やホームケアによってはCare aidの資格を持ってなくてもナースの経験があれば働ける所もあったって!!
9000ドルもしたのに!!!お金の無駄使いのようでかなりショックでしたが、まぁ、学んだ事も沢山あるし、仕事も決まったし、前向きに考えてます。。。

2009年3月、Care aid卒業!ちなみに優等生だったのよ(笑)ってか、当たり前だよね・・。ナースですから!

2009年4月から実習先の施設でCasualとして働き始める。なかなか電話もかかってこず、仕事に行っても体力的にかなりきつい・・・。
そして、ナースであったからこそのジレンマを感じ始める。自分は知っている、自分ならこうやってケアをするのに、自分がナースじゃないから口出しする事は出来ないし、もっとBetterなやり方があるのに!自分は出来ない・・・。と。
そのジレンマがとてもStressfulだった。悲しかったし、悔しかった。
ここで、やっぱりナースの道を行こうと決心する。
英語の勉強をまた再開。自己流で。でも、仕事をする事で英語力は伸びたし、学校に行く事で読む力もついたと思う。

2009年夏。いつか忘れたけれど、もう一度TOEFLをとる。今回はSpeaking以外はパス!
ここで、Speaking以外のスコアがパスしていれば、Speakingだけを他の英語テストのスコアと合わせて申請できることを知る。
そして、MELABという英語テストを受ける。めちゃくちゃ簡単で、ただ単に会話するのみ。すぐにパスできた。
後に、あまりにこのテストは簡単すぎてCRNBCの英語アセスメントからはずされる。また、今はもう二つのテストをあわせることは出来ず、同じテスト内で全てをクリアしないといけなくなった。ますます厳しくなって来てます・・・
そして、ここで日本人ナースを目指すKちゃんとも出会う。

2009年秋、ようやくCRNBCに申請。まだかまだかと首をなが~~~~~くして待つ。
結果、11月3日と4日(多分)にSECアセスメントを受けるように指示される。が~~~~ん・・・・・
SECアセスメントとは、ナースの知識と技術を筆記テスト、クリティカルシンキングテスト、ロールプレイなどでテストするもの。結果次第では1年間の学校に行く事になる。
その時点では学校に行きたい気持ちもあるけれど、行きたくない気持ちもあり、色々考えた。
結果、やっぱり学校に行った方が自分の為になると思い、SECアセスメントの時にも、その後にも、CRNBCにもコンタクトして、結果がどうであれ、学校に行かせてくれ~!と頼む。

2010年9月22日から12週間、SECアセスメントを受けるためと、まぁ、今後のためにもと、公立カレッジのDouglas Collegeで移民の医療者向けのEnglish for Healthcareというクラスを受けることにする。
MELABで出会ったKちゃんも一緒に参加してくれる。為になったかどうかは、ちょっと微妙かも~・・・・。

2009年12月20日くらい。ま、自分のパフォーマンスから予想はしていたけれど、SECアセスメントの結果、2010年9月からのKwantlen Re-entryへ入るように指示される。
この学校は5月からと9月からしか始まらないので、9月まで待ちたくなく、早速Waiting listへのっけてくれ~~!と頼む。
それと同時に、冬はCare aidの仕事もあんまりないし、給料もそんなに稼げない。学校が始まったら仕事も殆ど出来ないだろうし、Re-entryの学費も全部で7500ドルくらいはかかる。
そして、今日本に帰って臨床の経験をする事で、学校が始まってからもスムーズに行きそうだし、勘を戻す事も出来る。上手く行けば、学校卒業して働き始めた時に、臨床経験が近いと就職と、給料にも有利になる可能性がある。
など、さまざまな理由から1月から一時帰国し、ナースとして働く事に決める。
すぐに、派遣ナースについて調べ、ナースパワーという派遣会社にコンタクトをとる。実家から1時間弱で通える病院をみつけ、日本の履歴書をダウンロードし、提出したら、すぐに面接が決定。これが、たしかクリスマス前の話。
1月7日に日本に帰るチケットを買い、5日(たしか・・)に面接をする事に決まった。

2010年1月6日。泣く泣くダンナとしばしの別れをとげ、いざ、日本へ出稼ぎへ!
最初に食べたお鮨がおいしかった~~~~(涙)

2010年1月9日(たしか)面接。っていうか、顔合わせくらいのもので、雇用は決まっていた模様。NICUで働いた経験があるからというありえない理由でICUで働く事に・・・・(涙)ポジティブに・・・・(涙)

2010年1月12日(たしか)働き始める。ありえないことの連発。大変でしたわ・・・・。
そして、今、こうしてカナダで勉強してから振り返るとなんと恐ろしい事をしていたか・・・。自分がレベルの低いケアをしていたんじゃないかと恐ろしかったです・・。ごめんなさい・・(涙)知らぬは仏とは言った物だわ・・・・・。

確か1月後半、なんと、奇跡的にWaiting listの3番目と言われていた私にもチャンスが回ってきて、繰り上げられて5月の学校へ行けることに!!!
こうなる事を望んで、仕事は4月中旬までで、4月末にはカナダに戻る様にしておいたのです!!願いは叶うもんだ!!

2010年4月末、大変な仕事だったけど、思い切り楽しんだ日本の生活に終止符を打ち、出稼ぎのお金もがっちりもってカナダへ帰国!!

2010年5月からKwantlen University GNIE(Graduated Nurse International Educated)スタート!!
今振り返るとあっという間でしたが、数え切れないほどの事を学び、色んな人達に出会い、いろんな経験をし、素敵なインストラクター達に出会い、出会った人々からInspired(奮闘させられるとか、希望や活気を与えられる)され、貴重な一年になった事は間違いなし。

2011年4月、無事に卒業~~!!

5月から本格的にCRNE(国家試験)に向けて勉強を始める。友達と励ましあい、助け合い・・・。図書館に篭って1日7時間くらいいた事もしばしば。土日は休みを取って殆ど勉強しなかったけど、最長、最後の悪あがきで10時間以上勉強した事も!!
そこばっかり聞くと、相当努力したように聞こえるけど、平均は5~6時間かな・・・(笑)
残念なのが、せっかくこんなにも勉強したのに、終わってから勉強しなかったから、大分忘れちゃったし!!!だめねぇ・・・・

2011年6月3日、CRNE受験。受験後友達と3人で日が暮れるまでず~~っと答え合わせ。(答えは分からないけど、話し合った感じ)
他の二人に比べ、間違ってるんじゃないか率が高かった私・・・。これはダメだ・・・と自信をなくす・・・(涙)
1週間くらいは気になって気になって、憂鬱でしたが、その後は・・・さすが私!楽天家で能天気(笑)忘れてました

2011年6月、7月。Care aidとしてぼちぼち働きながらも、本格的に就職活動。っていっても、日本のやり方とはちょいと違うのですが、Onlineで応募に申し込み、本当はそれで終わりなのですが、実際に病院に行ってManagerに会いたいと直談判し、直接履歴書を渡して自分のアピールをしたり・・・・。段々度胸もつくもんで、結構がんがんと行ってました。
が、なかなか進まず。4月に電話面接したきり・・・・。

2011年7月14日木曜(たしか)CRNE合格通知が届く!!
月曜日から他の地域のクラスメートには届き始めていたので、毎日毎日、今か今かとストレスでした(涙)

その後も就職活動を少ししたり、Care aidとして働いたりしながら、待つ・・・・。連絡待ち・・・・。
時間がかかるんだろうな・・・。長い人は6ヶ月かかったって言ってたし・・・。なんて思いながら。

2011年8月10日水曜日。夕方6時頃に最後の実習をした病棟のマネージャーから電話。面接を金曜日にしたいと!!
やっと!!!ってか、急すぎる~~~~!!
翌日は家に篭って面接復習、外科の復習・・・・

8月12日金曜日、なんと、30分のスピード面接!!!あまりに人手が足りずにいるらしく、すでに採用は決めていた模様!!
外科の質問を幾つかされて、「じゃ、この次のステップはね・・・。16日にオリエンテーションに着てもらおうと思ってるの。」!!!!採用ですか?!「本当に?!」なんて抜けた事を言ってしまったけれど(笑)





はぁ・・・・。長い記録だった・・・。

読んでくれた人、ありがとうございます。


こうして思い起こしてみると、不思議なくらいにそのとき何を思ったか、何を感じたか、不安だった、ストレスだった、どれだけ複雑に一度にいくつもの事を推し進めようとしたか、楽しかった、どれだけ嬉しかったか、様々感情をクリアに思い出すことが出来る。
それだけ、自分の中で深く感じて、深く考えた事なんだと後になって分かる。

カナダに来てから4年。遠回りしてようやくたどり着いた。ここまで。
遠回りしたけれど、無駄だった事は何一つないと思う。必要でなかったことはあるかも知れない。例えばCare aidの学校とか(涙)でも、そこで得たもの、その後にも学校に行ったからこそ得た経験もある。
そう!そのうちの一つに、なんと、今日のオリエンテーションで、一緒にCare aidの学校にいった一番若いクラスメートの子がLPN(準看)になって一緒にオリエンテーションを受けた!
それぞれのステップを踏み、その結果、また同じように、同じ時にスタートに立つ。なかなか意味があると思う。


正直言って、色々な人からすごいよね。とか、尊敬するわ。とか、すごい努力家だよね。とか言われることがある。
でも、本当に、自分ではそうかなぁと思う。
自分にとっては、自分のやりたいこと、やるべき事を得るために、その時に与えられた課題を負けず嫌いのこの性格が、なんとか越えられるように自分にできる事を、自分に出来る範囲でやっただけだと思う。
そして、自分のいい所は、楽天家な所。激しく思い込まない。ま、時にはあるけれど、ちゃんと浮き上がってこれるし、結構諦めも早かったりする。一旦諦めて、後でチャンスをみてまた挑戦とか。

昔から言っていたけれど、苦労を苦労と思わない。楽天的で、能天気だから。状況を、そういうもんか。と簡単に受け入れてしまう。順応性があるとでも言うのかな。いいように言えば。(いや、でも、感覚的にはどっちかというと、楽天的だから・・・の方が強いかな)


でも、昨日、一人でぼんやり考えていた時には、自分を褒めてあげようと思った。

私、頑張ったよね。ここまで。よくやった。これで、大きな目標に上り詰めた。ここから上ももちろんあるけど、とりあえず良くやった。

これをサポートしてくれた友達、家族。「すごいよ。」「努力家だね」「頑張って」「出来るよ!!」「信じてるよ!あなたなら出来る!」と、沢山の言葉をかけてくれて。
精神的なサポートが沢山あった。とっても感謝している。

精神的にも、金銭的にも、全面的に私を信じてサポートしてくれているダンナさん。
私の気持ちの波を一番知っていて、一番の被害者(笑)兼、サポートをしてくれて。決して自慢できる事ではないけれど、思いのままぶつかり、当り散らしたりする事が出来たおかげで、今まで持ちこたえる事が出来たんだと思う。
まだ言ってないけれど(笑)ちゃんといつか、言葉にして感謝しようと思う。


そして、自分には、今まで4年間でやって来た事を認めて、褒めようと思う。そして、これからは、頑張る!!というよりも、自分の出来る事を、自分の出来る範囲でやっていこうというスタンスにしたいと思う。

これからナースとして働いていくと、毎日壁にぶち当たるとおもう。
ストレスに思うのは目に見えている。泣くかもしれない。

でも、そう思うのは、自分が上手くやりたいと思っているから。適当で良いと思っていないから。
だから、それで良いんだと思うことにしようと思う。
頑張る!!と言いたいけれど、多分、今までよりも努力が必要になると思う。
そこで、頑張りすぎて気持ちの線が張り詰め過ぎるのは良くないと思うから。

自分の知識の範囲で、自分にできるだけのこと、焦らず、でも、決して怠けるわけではなく、可能な事を、精一杯しようと思う。
知らない事、出来ない事があったら、次の課題にすればいい。
勉強すればいい。経験すればいい。何度か繰り返せば出来るようになるから。焦らずに。

そういうスタンスで・・・・。


33歳にしてここまで来れた。本当なら後3歳若ければ!!!って思うけど。
ま、でも自分のこれまでの人生、どの3年を抜きにしたいかって考えたら、無駄が無かったんじゃないかなと思える。

私って、幸せなのかも。

な~んて、また楽観的、感傷的に浸ってしまったりして。

でも、自分の気持ちを感じて、こうやって記録に残す事が出来てうれしい。良かったと思う。



ほんと、自分の記録のために書いたので読む人にとってはつまらない、独りよがりな日記のようだろうけど、これから自分がつまずいたりした時とか、何年後かにこれを読んで、そして自分が今よりも成長したな。と思えるような自分になっていたい。

自分のペースで。
  1. 2011/08/17(水) 13:08:20|
  2. 徒然ナース
  3. | コメント:3

最近の記事

プロフィール

NOBUEN

Author:NOBUEN
岐阜県田舎生まれ。田舎育ち。名古屋暦10年チョイ。カナダBC暦2007年7月終わりより。

ウィニペグ出身のダンナさんと2007年7月にバンクーバー郊外、Port Coquitlamへ移民。

日本での忙しかった看護師生活とは真逆のの~んびり生活を送りつつ、新たにカナダでも生活の根を生やそうと、RCA(Resident Care Aid:介護師)になりました。
それでは物足りず、又、介護師の過酷な仕事にも耐えがたく、結局正看護師を目指す事に。
2010年5月からRe-entryコースをとり、2011年6月CRNE(Canadian Registered Nurse Exam)受験し、無事に合格!!!
2011年8月からRNとして働いてます!!

そんな生活の日々の出来事や感じたことを残していきま~す。


直接メッセージを送ってくださる方、 nobue412@gmail.comまで

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。