徒然我々日記in Vancouver,Canada

Canada Vancouverから東へ1時間のやや田舎町に生存中。 そんな徒然なる日々の暮らしの中にも楽しみを!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

EC Manning park camping part2

初キャンプ二日目。

2回行った事があるHeather trailへ。

ここは、車で山の上のほうまで登ってからスタートするトレイルで、高山植物が沢山咲いているし、
遠くの山々まで見えて景色も最高にすばらしいところ。

そして、傾斜がすくなく、比較的上り下りが少ないトレイルなので結構楽。


以前は往復3時間程度までしか行った事が無かったけれど、今回はもうちょっと行ってみようと言う事で、
結局往復5時間程度のハイキングになりました。


泊りがけのハイキングとなれば44kmのハイクになるみたいですが、私たちは今回はそこまでは・・・。

ちなみに、Park mapはこんな感じ。
上のほうに向かって伸びている赤い点線がHeather trailで、 Big buck mountainまでは行きました。
manning-graphic.png


ちなみに、前日にうっかり歩いてしまったLight lake loopは丁度中央より下のほうにある細長い湖の最初の湖をぐるっと回りました。これだけで1時間ちょっと。



前回このHeather trailに来たときには時期が少し早く、山の上にはまだまだ雪が残っていて、上の駐車場までもたどり着く事が出来ず、下の駐車場から歩いたのでそれだけでも結構な距離。しかも、雪が一杯で高山植物もやっと芽が出てきましたって感じで、違った雰囲気でした。





トレイルを歩き始めて見えてくる最初の景色。

P1010925.jpg


P1010929.jpg


P1010978.jpg


ここまでで2時間弱。この目の前にWildness campがあります。Buckhorn camp
P1010959.jpg

これがキャンプサイト。このステージになっている所でテントを張ります。ここも蚊がすごかった・・・。
P1010960.jpg


木が段々減っていきます。この辺りの木々は山の下のほうの木々に比べると断然背が低いです。5分の1くらいの速さでしか成長できないとか・・。
P1010988.jpg

右の方へ分かれていくトレイルとの分岐点
P1020006.jpg


P1020007.jpg

中央あたりに少し見える雪が残っているあたりまで歩きました
P1020008.jpg


高山植物も段々増えてきます。
P1020017.jpg

雪!!
P1020019.jpg


ここから500mほど行った所の崖からの眺め。なだれが起きた後。画像をクリックすると大きくなって見やすいと思いますが、崖の下のほうの木の若さなどから、大きな雪崩が多分2回は起こったのだと思われます。
とにかくスバラシイ眺めでした
P1020025.jpg




いつかは行ってみたいWildness camping。ここの先のKicking horseや、Nicomen lakeまで行けたら最高です!
スポンサーサイト
  1. 2012/08/09(木) 04:59:20|
  2. カナダでハイキング
  3. | コメント:2

今年初キャンプ! EC Manning parkへ

やっと行ってきました!初キャンプ!

ビール箱買い目的でUSに行きたがったダンナの案をおしのけ、天気のより良いManning parkへ行ってきました。

うちから約2時間半。丁度オカナガンとの中間地点。ちょっと遠出だけど意外と気楽にいけて、天気もいいし、このParkは大好きです。


キャンプサイトを確保したら、テント設置。早いよ~。5分くらいで完了!!チームワークです。

その後、長時間ドライブ(っていっても、私が運転したんですけど!)からゆっくりしたいダンナをせかしてハイキングへGo!


気温もぐんぐん上がってきて27度くらい。日差しが強いのですごく暑く感じました。

が!



さすが初キャンプ。忘れ物が色々と・・・・・。

日焼け止め、虫除けスプレー、軍手、リップクリームなどなど・・・。


日焼け止めを忘れるなんて、何てこと!!!
私はユニクロで買ったUV90%防ぎます!というカーディガンを着ていたので、一日中はおっていましたが、日焼け止めの下地程度では甘かった様で・・・。

手や首はすっかり日焼けしてしまいました・・・・。友達には、良い色になったね!なんていわれたけど・・・。




さて、行った事のないトレイルに行こう。と何とかMeadowという名のトレイルに行ったのですが、30分くらいで短いトレイルだったし、あんまり人が行ってなさそうなトレイルだね・・。と言いながらだったのですが、やっぱりその通り、あまり魅力的ではないトレイルでした・・・。

教訓;人が通ってなさそうなトレイルにはそれなりの理由がある。



気を取り直して、ビーチに行きたい。というダンナの願いをかなえるべく、Lightning lakeへ。

芝生とビーチエリアには木があまり生えていないのですが、このParkの名物でもある、Prairie dogが沢山います。
モルモットみたいなこの動物、Wikipediaによると一夫多妻制だそうで(笑)

穴から顔をのぞかしては高いピッチでキャン!キャン!と鳴くのですが、Wilipediaからの引用によると”この鳴き声は情報量が多く、1秒程度の鳴き声に「接近する生物の種類(人間、タカなど)」「色」「大きさ」「だいたいの形」「脅威の程度」などの情報が入っていることが確認されている。なお、巣穴や見張りのシステムを利用して外敵から身を守るウサギなども数多く見出されている。”だそうです。

確かに、あやまって人や犬がいる所に顔出しちゃった!みたいなプレーリードッグはいなかったかも。



今回はBonnieも一緒に行ったので、プレーリードッグの匂いを追いかけて興奮気味のボニーちゃんでした。


しばらくLightning lakeのビーチでのんびりしたあと、ちょっとそこにあるトレイルに行ってみようか。とLightning lake loop trailへ。

ってか、Loop trailって書いてあるんだから、ぐるっと一周することなのに、何故か2人ともそんなに長くないでしょ。なんて思っていた私たち・・。


歩き始めたら、山裾の森を湖沿いに歩く感じでなかなかステキなトレイルでした。
一日中日に当たっていたので、すずしぃ~なんていいながら歩く事、結局1時間30分ほど。

平らなトレイルだったので大した事なかったですが、結構な距離でした。


水を見つけては入って涼むボニーちゃん。

P1010859.jpg


P1010885.jpg

P1010899.jpg

P1010900.jpg


P1010896.jpg



キャンプサイトに戻ってのんびりと夕飯準備。

ハーブマリネードしたチキンのBBQと、ポテト、パプリカのグリルとフォカッチャのディナー

P1010909.jpg


大した事ないディナーもキャンプで食べると特においしく、楽しいディナーですな。


日が暮れて暗くなるのは9時過ぎ。

お約束のキャンプファイヤーもして、全身煙たくなりながらも今年初のキャンプを楽しみました。


今回のキャンプサイト、道路からちょっと近かったので暗くなるまで車の音が結構聞こえたのですが、
さすがに夜中には車が通らないのでとても静か。

サイトごとの距離も結構離れていたし、回りのキャンパー達にも恵まれ、夜中まで騒ぐ人たちはおらず、ぐっすり眠れました。


ボニーちゃんは車の中でおやすみ。
夕方、レンジャーの人がキャンプ場内に熊がいた。と言っていたので心配したのですが、ボニーが鳴く事も無かったので熊は登場しなかった様子。



翌朝は快晴でなんと8時30分まで寝た私。起きたらすでに気温も上がって暖かかったです。


朝食はパンケーキ。

丁度牛乳を切らせていたので来る前に買ってきたのですが、なんと私、ホイッピイングクリームを買ってました~!
250mlの小さいサイズでいいだろうと思っていて、ピンクの色は2%のミルクって思ってたから、何も考えずに買ったらクリームって・・・!

まぁ、ミルクはミルクなんだし、ちょっとリッチな味わいで・・・(笑)


という事でできたパンケーキ。



油も忘れたので、ちょっとくっついてしまい、失敗しましたが・・・。

P1010917.jpg

なんだかいつもよりもいい色に仕上がりました。

ブルーベリーパンケーキ。前日の残りのポテトを細かく刻んでハッシュポテトにしていただきました。

残りの木でキャンプファイヤーももう一度。
その上でじんわりと目玉焼き。えぇ・・・。灰も入ってますけど、それも味付けの一つ(笑)

P1010918.jpg

あさからモリモリ!っと食べました。




そしてこれまた手早く撤退し、これまた最高のハイキングへ行ってきました~!


続く。





朝のノビ~~~!! !!Downward dog?!
P1010919.jpg

  1. 2012/08/01(水) 08:21:51|
  2. カナダでハイキング
  3. | コメント:0

Kick for a cureとPitt lake trail

ようやく夏らしい天気になってきたここ数日。

土曜日は小児がんの為のチャリティーサッカーにダンナサンが去年から参加していて、今年も行ってきました。
金曜日までの雨と雲りの天気がうそのように晴れ、最高に気持ちが良かったです。

このチャリティーの創設者のうちの一人で、10年前に癌で子供を亡くされた方が言っていました。

毎年このチャリティーサッカーをやる時は、必ず素晴らしい晴天になってくれる。息子がそんな形で参加してくれているんだと思う。と。

具体的な数字は忘れましたが、今までの合計は億単位に上るそうで、その方が最近サポートしている研究者のうちの一人と話した時に、このチャリティーのおかげで小児がんによって亡くなる子供達が減ってきている。と言ってくれたそうです。


子供達が遊べるイベントが幾つかあり、チケットを集めておもちゃがもらえたり、ビアガーデンがあったり、White spotのハンバーガーがあったり。
これらの全てがチャリティーにつながっていて、ビアガーデンのビールすら、寄付金に回されるのだそうです。
合言葉はIt's for the kids.で、沢山のボランティアの方々や有志のスポンサーなどで成り立っていました。


そして、ダンナサン達はサッカートーナメントと、ビアガーデンで相当寄付してました。

ナイスセービングなゴーリー。
DSCF4324.jpg

女の子も5人中2人含まれています。競り合ってます。ダンナ。
DSCF4362.jpg


朝早くから試合とビアガーデンで楽しんだ一日でした。
試合後もビアガーデンで大盛り上がりで、みんなビールをどんどん持ってきて、It's for the kids!とか言いながら飲み倒しておりました。




翌日は前日よりも暑く、晴天!

こんな日を逃してはならぬ!と、前日に飲みまくったスポーツドリンクと「ビタミンBが二日酔いには良いんだ!!」というサッカー仲間からのアドバイスで飲んだマルチバイタミンが効いたのか、殆ど二日酔いなしだったダンナさん。


ハイキングはちょっとえらいから、サイクリングで。と言う事で、ランチを持って、自転車を車に積み込んで、Pitt lake trailへ行ってきました。

以前も何度も行った事がありますが、サイクリングは私は初めて。ダンナは数回あるそうで。
色んなtrailがあり、色んな行き方があるので、組み合わせ次第でどんな距離でもいけるところ。
そして、湖と沼地の辺りの堤防みたいになっている所を走るので、殆どフラット。

先週本当はハイキング部のお友達と行く予定だったけれど、マラソンがあったので参加できませんでした。
その時は、雨上がりなのが原因なのか、蚊が大量にいたそうですが、この日は晴天で、蚊はいなかったのですが、ハエが大量・・・・。
ずーっとブンブンという音を聞いていた気がします。


DSCF4396.jpg

DSCF4408.jpg

DSCF4419.jpg

DSCF4420.jpg

DSCF4423.jpg


途中から行った事がないトレイルへ挑戦し、ダンナの勘を頼りにこっちに行ってみよう!みたいに進んでいきました。
草がボーボーになっているトレイルに入って行き、きっとこの先は分かれ道につながっているはず!とダンナは言い切り、着いていきましたが、草の背がどんどん高くなっていき、これ、絶対トレイルじゃ無い!って言うくらいの草道を10分程走りましたが、途中で断念して引き返し、結局最後は道路を走りました。

途中で数分の休憩とランチ休憩を含め、結局2時間30分ほどのサイクリングでした。

いい汗かいて気持ちが良かった!


家に帰ってからは庭の日陰でスナック食べたりビール飲んだりしながらのんびり夏を満喫しました。

お願いだから、この天気、今度こそ続いて!!!!!と願うばかりです。
  1. 2011/07/26(火) 05:29:57|
  2. カナダでハイキング
  3. | コメント:2

初冬の散歩

休みの日に雨が降っていないのに、家の中に一日中いるのは私にとって自殺行為(大げさ。。。?)に近い。

だんだん息詰まってきて、土曜日の午前中はサッカーを心行くまで観賞しているダンナにイライラしてくる。
休みの日くらい時間かけて好きなものを楽しませてあげたいとは思うけれど、ほぼ毎日サッカーチャンネルはチェックしているし、別に休みの日だからって特別って事もないし・・・!なんて、段々腹立たしくなってきたりして、無言でバタンバタンと音を立てて掃除してみたり、チャンネル変えてみたり、目の前に立ってみたりして抵抗したりして・・・。

昼前になってようやく、「今日はなにする?」と言ってくるダンナにさらにイラッとくるけれど、とにかく外に行きたい!という私。

という事で、2週連続で散歩へ。私は山にハイキング行きたかったのに、山に行くと影で寒いから嫌だ。とダンナが言うので、日のあたる平地の散歩へ。

先週はMaple Ridgeの堤防へ。遠くの山が綺麗に見えて、川と湿地地帯はこうっている所もあったりして。
川の流れがほとんどないので、水に映る景色が美しかった。
mapleridge.jpg

mapleridge1.jpg

mapleridge3.jpg

一時的に凍っている大きな水溜りを使ってホッケーをする少年達。なかなかステキなアイディア。
mapleridge4.jpg


今日はPittRiver沿いを歩いてPittlakeの沼地の堤防に行き、ぐる~~~っと回るという2時間30分コースでした。
雨上がりでトレイルもちょっとぐちゃっとしていましたが。。。。
天気は曇りで晴れ間も見えましたが、私達に太陽が当たることはなく、最後の30分位は小雨も降ったりして・・・。
でもこれまた反映した景色が神秘的でした。
pittlake.jpg

pittlake1.jpg

pittlake2.jpg

pittlake3.jpg

pittlake4.jpg

pittlake5.jpg


沼地にはビーバーがいるらしく、いたる所にビーバーの生息の形跡が・・・。

ビーバーのお宅。
beaverlodge.jpg

ビーバーが歯で夜な夜な削って倒した木!こういうのが沢山!
beaver.jpg

ビーバーが堤防から沼地へすべり降りる道
beaver slide

そして、最後の最後に、ビーバー君に遭遇!!
Mr bearver


ビーバーについて気になって調べてみました。
ビーバーはとっても賢くて、自分の生活のために、周囲の環境を意図的に変える唯一の動物と言われています。ビーバーの歯はとても丈夫で15cmの木をわずか10分で倒せるそうです。
ビーバーは木を意図的に倒して計画的に水の流れを止め、大きなダムを作ります。その理由が知りたかった!!
ビーバーの巣は写真にもあるように小山のようになっています。内部は一つの空間になっていて密室になっています。入り口は水面下からになるため、外部からの敵の侵入を防いでいるとの事。そして、ダムの中心部となるように巣をつくるので、ダムを作ることで巣の中の水位を保っているのだそうです。
もう一つの理由は、ビーバーは草食動物であり、敵を防ぐためにほぼ水中ですごし、陸地に上がっても岸から数十メートル程度。ダムを作ることで陸地と水面の接地点を多くし、自分の食料を確保するためにダムを作るそうです。(Wikipediaより)

すごい!ビーバー!!

ネズミ目ビーバー科で、見た目もちょっとネズミっぽいくてちょっとかわいいようなかわいくないような見かけだけど、
なかなかクリエイティブで賢いのね!面白いです~

Mr.Beaver!(Wikipediaより)
250px-American_Beaver.jpg

  1. 2011/01/09(日) 14:01:14|
  2. カナダでハイキング
  3. | コメント:1

Dog park& Buntzen lake

木曜日から休みで4連休だった私。ダンナも金曜からの3連休で、天気も良く、勉強の合間にハイキングに行ってきました。

ヨーロッパに1ヶ月旅行に行ったおば夫婦のお家でお留守番をしている私たち。
そこにいるウェスティー・テリアのBonnieを連れて、近場のBuntzen LakeのDog parkへ行きました。


他の犬と仲良くは出来るけれど、それよりも人間が大好きなBonnie・・・

最初は犬よりも、飼い主の方へ愛嬌を振りまきに一回り・・。

その後は少しずつ慣れて、他の犬とも遊んでいましたが、なぜか物を投げるという動作に興奮するBonnie。
湖に向かって他の飼い主さん達がボールを投げたり、枝を投げたりして、犬が泳いで取ってくる遊びをしている回りで、
ぎゃんぎゃんと吠えるおバカ犬Bonnie・・・・

それでも、それなりに楽しかったようで色んな犬と戯れていました。
Bonnie.jpg

B;”何があるの・・・?”
Bonnie2.jpg



ひとしきり遊んでからハイキングへ。
Dog Parkとは逆にあるビーチまで・・・。
EnBonnie.jpg



この日は、水位が高いからビーチが閉鎖されているかもと警告が出てきたのですが、ビーチは開いていました。
が、本当に水位が高くて、いつもよりも10m位は上まで水が上がってきていました。

なので、いつもなら芝生があって、ベンチがあるところもこのとおりに水に埋もれ、カヌーが来れるくらい。
なんだか、変な絵図になっていますが・・(笑)
swimming Bonnie


4時ぐらいから小雨が降り始めてしまいましたが、それまではまずまずの天気で、いい気分転換になりました。
Buntzen lake
  1. 2010/05/19(水) 09:07:01|
  2. カナダでハイキング
  3. | コメント:0
次のページ

最近の記事

プロフィール

NOBUEN

Author:NOBUEN
岐阜県田舎生まれ。田舎育ち。名古屋暦10年チョイ。カナダBC暦2007年7月終わりより。

ウィニペグ出身のダンナさんと2007年7月にバンクーバー郊外、Port Coquitlamへ移民。

日本での忙しかった看護師生活とは真逆のの~んびり生活を送りつつ、新たにカナダでも生活の根を生やそうと、RCA(Resident Care Aid:介護師)になりました。
それでは物足りず、又、介護師の過酷な仕事にも耐えがたく、結局正看護師を目指す事に。
2010年5月からRe-entryコースをとり、2011年6月CRNE(Canadian Registered Nurse Exam)受験し、無事に合格!!!
2011年8月からRNとして働いてます!!

そんな生活の日々の出来事や感じたことを残していきま~す。


直接メッセージを送ってくださる方、 nobue412@gmail.comまで

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。