徒然我々日記in Vancouver,Canada

Canada Vancouverから東へ1時間のやや田舎町に生存中。 そんな徒然なる日々の暮らしの中にも楽しみを!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

こ・・・腰が・・・

介護師としてなんとか仕事を始めました。

オンコールのポジションだけど、まとまった仕事を6日間分もらいました。

それに加えて前日に電話がかかってきて、5連勤をしてきました。

始まる前は何が一番緊張するかって、全然知らない入居者達を世話すること。
一応ADLシートと言ってその人が何が出来るのか(自分で食べられるか、着替えれるか、動けるかなど・)、何が必要か(リフトで移動なのか、一人で移動できるのか、車椅子かなど・・)
を示した表がそれぞれの部屋にあるけれど、時々アップデートされて無いときもあるから完全に信用することが出来ない。

ってことは、疑問に思ったら他のケアエイド(介護師)に聞いて回らないといけない。

朝は7時から始まるけど、9時ごろまでには出来るだけの人数を起こして着替えさせて、ダイニングルームに連れて行かないといけない。
これが結構時間がいっぱいいっぱいで・・・。

その中で、なれない人たちに対して世話をするのはこっちもかなり気を使う。



そして、身体的にも結構疲れる!

実習の時には限られた人数しか受け持ってなかったから、簡単な仕事じゃんって思ってたけど。
実際に全員受け持つと、結構大変。
頭は使わないけど、体を使ってます・・・・。

そして、小さい人も居るけど、やっぱり日本人に比べれば体の大きい人が結構いる。
そういう人は歩けない人が殆どだから、リフトを使って移動して車椅子とかに乗せるけど
その前にベッド上で着替えをさせないといけない。
これも、基本的には一人でやる。

寝たきりになると体が固まって、関節を曲げられなかったり、逆に曲げたまま固まってしまったりするので、思うように左右にゴロゴロと向きを変えさせれない・・・。

そうすると、こっちとしてはかなり体の負担になる。

腰を痛めたりしないようにボディメカニックを使ってやっていたつもりだけど
昨日、仕事も終りがけにやってしまった・・・。



何をやったか覚えていないのだけど、っていうか、いつの間にか痛みがあったって言うのが正直だけど、気がついたら腰の下のほうが痛い・・・。



家に帰ってダンナにマッサージしてもらうも(下手だし!!!)そのときにはいいけど、やっぱり痛い。


一日経って今日もまだ痛くて、座っていればまだいいけど、立ち上がったりするときに痛い。
二日休みがあるけど、その後二日間仕事。
これで働けるのか、かなり心配です・・。

マッサージセラピストとかに見てもらおうかと思ったんだけど、昨日から風邪も引いて、今日は微熱もあり
外に出る気力もなし。

今日は一日中寝て過ごしました。最悪です・・・・



体を使うこの仕事は小さいワタシにはやっぱりあっていないのか・・・。
早く次のステップへ上がりたいと、情報収集する日々です・・。


まぁ、入居者のおじいちゃんおばあちゃんと関わるのは楽しくていいんだけど。



愚痴のようになりましたが、こんな調子で仕事が始まりました・・・


スポンサーサイト
  1. 2009/05/07(木) 13:36:24|
  2. 徒然仕事
  3. | コメント:2

最近の記事

プロフィール

NOBUEN

Author:NOBUEN
岐阜県田舎生まれ。田舎育ち。名古屋暦10年チョイ。カナダBC暦2007年7月終わりより。

ウィニペグ出身のダンナさんと2007年7月にバンクーバー郊外、Port Coquitlamへ移民。

日本での忙しかった看護師生活とは真逆のの~んびり生活を送りつつ、新たにカナダでも生活の根を生やそうと、RCA(Resident Care Aid:介護師)になりました。
それでは物足りず、又、介護師の過酷な仕事にも耐えがたく、結局正看護師を目指す事に。
2010年5月からRe-entryコースをとり、2011年6月CRNE(Canadian Registered Nurse Exam)受験し、無事に合格!!!
2011年8月からRNとして働いてます!!

そんな生活の日々の出来事や感じたことを残していきま~す。


直接メッセージを送ってくださる方、 nobue412@gmail.comまで

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。