徒然我々日記in Vancouver,Canada

Canada Vancouverから東へ1時間のやや田舎町に生存中。 そんな徒然なる日々の暮らしの中にも楽しみを!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Pender islandへSailing 続き

ボートの中はとってもよくデザインされていて、先端に当たる部分は寝室のようになっていて、ベッド状態になっている。
そこでおじさんとおばさんはお休み。

私たちは、簡易ベッドで就寝。
テーブルと椅子の部分が、テーブルの足をはずすと、天板部分がベンチ部分とばっちりはまるようになっていて、クイーンサイズ位のベッドになる。そこにスポンジマットレスを置いて、その上に寝袋を引いて寝た。

私は水平線が見えていないとボートの中に長くいると気持ちが悪くなるので、心配だったけれど、
おじさんは目をつぶっていれば脳が混乱する事が無いから、気持ち悪くはならないよ。と言っていた。

そして、ほんと、その通り~!

水の上でゆ~らゆ~らと揺られながら眠るのはゆりかごとかハンモックで寝ているのと同じ感覚。気持ちがよく、
一日日に当たっていて疲れたのもあってか、すぐに眠れた。


そして、夜中。

大人しく寝ていたボニーが、突然ヒーヒーと鳴き始めた。
家にいるときもそうだけれど、動物が近くにいると、外に行きたくてヒーヒーと鳴く。其の泣き声。

おじさんとおばさんが必死でなだめるも全然治まらないので、仕方なく、またボニーにライフジャケットを着せて、おじさんが抱っこして外へ。

真っ暗だから殆ど何も見えなかったと言っていたけど、しばらく外にいて、ボニーが泣きやむのを待って戻ってきた。


そして、また私たちは眠りについた。



翌朝、快晴の中、7時には目覚めた。

ボニーを朝の散歩に連れて行くために外に準備に出たおじさんとおばさんが、「ちょっと来て!見て!」と笑って言うので
起きて外へ。



セーリングボートは、陸に行く移動手段として、小さいボートを後ろにくっつけている。
そのボートの中が、こんな状態に・・・・












P1010550.jpg



ちょっと分かりにくいけれど、名前が分からないけれど、赤い30cm弱のお魚と、蟹2匹の残骸!



おじさんが言うには、多分、アシカか、カワウソが夜中にボートに乗り込んでお食事をしていたんじゃないかと!!

確かに、おじさんが夜中に外に出た時に、この小さなボートが一方に傾いていたそう。その時には、エンジンの重さで傾いているんだろうと思ったらしいけれど、実はそのときにアシカかカワウソがボートにのって蟹をむさぼっていたという事!

傾きが結構大きかったから、多分アシカじゃないかと。


こんな事は初めて!!!と大笑い。


そりゃーボニーも興奮するわけだね。
実は私もボニーが鳴き始める前に、ボートが何かに擦れるような音を聞いて少し目が覚めていた。
きっと小さいボートがボートの脇で擦れているんだろうとしか思っていなかったけど、多分その音はアシカがボートに乗ろうとしていた音だったのかな・・。



と、事件の発覚から始まった二日目でした。





ボニーの散歩から帰ってきてから、おじさんがブルーベリーパンケーキを作ってくれて目玉焼きと一緒に朝食。

P1010559.jpg



その後は、隣にある、otter island(カワウソ島!!!)にちょっとハイキング。


カワウソ島とあって、さっそくカワウソに遭遇し、またまたボニーは大興奮。
そしたら、こーんな小さな島でも、丁度レンジャーの小屋の近くだったので、犬は放さないでね。自然の動物がいるから。と忠告を受けました。

私たちも、おじさんもおばさんも、犬はオフリーシュ以外の場所では絶対にリーシュに繋げてます。

よく、公園や山ででオフリーシュで散歩させている人が居るけれど、呼べば来るから良いと言う問題ではなくて、トレイル以外のところへ犬が行く事で、そこにある自然の形態が崩れてしまう。犬がにおいをつけることで他の動物が来なくなったり、逆に繰るようになったり。飼い主が気がつかない間に糞をする事で、自然に余計なものを残す。
犬が走り回ることで、草木が壊される。とか、色々理由はあると思います。




ちょっとした半島の先端へ。
海に囲まれていてとっても綺麗でした。Arbutusの木が沢山でした。

P1010579.jpg


P1010616.jpg



2時間ほどハイキングをし、帰途へ。


風が殆ど無くて、の~んびりと帰りました。

青い海と空と、Gulf islandsの島々を眺めながら、のんびりとリラックスできた週末でした。

ボートのある生活、お金も時間もかかるし、体力も知識も必要。でも、それにもかえられる、得られるものが大きいなぁと実感。

こんな風に人生を楽しめるようになりたいものです。




また連れて行ってね~~



ちなみに、おじさんたち、また8月に3週間ボートでVacationに行くそうで・・・。一年に数回は数週間のボート旅行に行ってます。幸せだね~~
長生きするよ。お2人は。って言ったら、すると思うわ!!!って言ってました。





ボニー船長
P1010631.jpg
  1. 2012/07/19(木) 06:22:53|
  2. 徒然日記
  3. | コメント:4

Pender islandへSailing

ダンナサンのおじさん・おばさんに誘ってもらって、Gulf islandsへセーリングへ行ってきました。

1年少し前に中古のセーリングボートへ買い換えた際に、ボートの保管場所をVancouver islandのSidneyという街の近くのマリーナへ移動されました。

そっちの方が大好きなGuld islandsに近いし、Ferryに乗っていけば、家の近くのマリーナから出るよりも早くGulf islandsへ繰り出せるそうで・・・。


ダンナもVancouver islandへ行くのは15年以上ぶり。私も10年ぶり。

大きいサイズのFerryに乗るのも久しぶり~!!1泊二日なのに、しっかり旅行気分で気分上々~

しかも、天気もさいっこうに良くて青い空と青い海!


P1010441.jpg



Marinaに到着後、出発準備をもろもろ・・・・。
Bonnieも一緒です。Bonnieちゃん、私達よりも断然Sailing経験があるのでボートも平気。ライフジャケットも全然嫌がらず。ちゃんと言う事も聞いてえらいです。


P1010459.jpg


船長(おじさん)の指示に従い、風が出てきたら帆を上げてエンジンを切っていざセーリング!

なのに、あまりにいい天気過ぎて、風も殆ど無くて、せっかく帆を上げてものろ~~りとしか進まず・・・。


しばらくはみんなくつろいでのんびり~~

P1010484.jpg

P1010504.jpg

P1010509.jpg



計画ではもっと遠くの島に連れて行ってくれる予定だったようですが、あまりの風の無さに時間がかかりすぎ、予定変更。

Pender islandという島に行く事に・・・。

Gulf islandsの中では割と大き目の島だそうで。


マリーナは別荘地の様になっていて、新しい2ベッドルームくらいのコテージが海に面して建っていました。。
79000ドル~となっていたので、やっぱり安いのか!!!ここに住む?なんて言っていたのですが、
別荘には良くある様に4分の一の所有権だそうで。

1ヶ月に1週間と、夏の間には連続2週間の使用が出来る所有権。
特別そこがお気に入りでボートを持っていて、お休みが好きに取れて、家族やら友達やらの訪問が多い人とか、そういう人達なら買っても悪くないのかな~という感想。


でも、とっても静かで海も透明度が高くて、気候も良くて、人ものんびりして・・・。一応病院もあるし・・・・。
買いたいな~~・・・。なんて、夢を抱いてしまう、私たち・・・・。
無理無理~~



Pender islandへ上陸後は近場をお散歩。

道端近くに牛さんたちが日陰でお休み中。

ボニーが大人しく通り過ぎるわけもないし・・・。
物申す~~!!!といわんばかりに、後ろ足プルプル震わせながら「ヒ~ヒ~・・・・・・・ワン!!!」

おばさんが名づけたデイジーちゃんとご対面のボニーちゃん
P1010532.jpg



しばらく行くとゴルフ場が。
おじさんが、ちょっと情報でも聞きに・・・。とゴルフ場のオフィス権レストランへ行くと、気のいいおばちゃんが登場。

3時30分で閉店なのよ~~と言いながらも、ビールでも飲んでいく?と優しいお言葉。
3時45分ほどで、もうおばちゃんは閉店準備も済ませて、もう出るばっかりだったのに。


しばらく歩いて、熱かったし、のども渇いていた私たちは、是非~~!とばかりにパティオ席へ。

ピッチャーのビールを運んでくると、「私、これで帰るから、終わったらこのまま外において置いてくれて良いから。」と・・・。

さすが田舎。気楽な感じで最高。


という事で、貸切のパティオで目の前に広がるグリーンを眺めながら、鳥の泣き声と風の音を聞きながらビールで休憩。

「なんか、これだけでバケーションって感じね~~」なんて言いながら・・・。ビール美味し。




それから船に引き返す途中、偶然鹿に遭遇。
おじさんが、ボニーを興奮させて「鹿だ!鹿!!!」というと、ボニーも一目散に追いかけるわさ・・・。


常にカメラを首にかけていたので現場をキャッチ!
P1010536.jpg


ボニーちゃん興奮してこの後もず~~っとヒーヒー言ってました。船に帰ったら興奮しすぎたのか、バタンキュ~~




このセーリングボートにはオーブンも、コンロも(3口コンロ!)BBQもあるので、料理も何でも出来る!
夕ご飯は私の担当。

ツナのオレンジマリネードのBBQとコーン、ほうれん草とゴートチーズ、ビーツのシャンパンビネガードレッシングサラダを作りました。
と言っても、下準備は殆ど家でしていったので焼いたり和えたりのみ・・。

でも、海の上でBBQしたり、ゆら~りと揺れる船内で食事をしたりするのは、普段と全然違って特別おいしかった~

いい写真がないので写真は割愛・・。



お腹も満腹、デザートは入らず。外にでてのんびりしながら夕焼けを拝みました。

アメリカの方で大きな森林火災があったそうで、その煙の影響で若干空気がくすんでいた様で、すごく綺麗な夕焼け!というわけではなかったですが、夕日が海に反射して綺麗でした。



そうこうしているうちに暗くなり、一日中日に当たって全員疲れていたので10時過ぎには就寝しましたとさ・・・。


ベッドも快適で、目を瞑るとゆらゆらと揺れる船が、ゆりかごのような感じで、すごく快適な眠りでした。

ある事件があるまでは・・・・・。





続く・・・・・。


P1010546.jpg
  1. 2012/07/11(水) 16:38:26|
  2. 徒然日記
  3. | コメント:2

担担麺



時々、ヨガをしている最中にふと何かが頭にうかぶことがある。

今日は、"あ。担担麺が食べたい…"

ということで、帰りにラーメン買って作りました。

結構美味しい!

練ゴマと、コチュジャンを足して、さらにパワーアップ!

キャベツ、人参、エノキ、モヤシ、ネギ、あげを炒めてもり~っとのっけて頂きました!

あ~幸せ!

本能に従うって、大切ね☆

  1. 2012/07/04(水) 11:23:28|
  2. 徒然日記
  3. | コメント:1

いちごミルク


若干見苦しいですが…

毎年いちごが出る度に食べたかったいちごミルク。
Canadaではアメリカから輸入している物が多く、早めに収穫して輸出する。って感じなのでまだ熟れていない、なのに赤い"偽"いちごが多い。

全然甘みが足りなくて、硬い。

日本ではいちごがあま~~い!
なので、小さい頃からいちごにミルクをかけて、フォークで潰して食べるのがすきでした。

イチゴシーズンになってきて、近所のマーケットや、ファームの前を通り過ぎると、"ローカルストロベリー"を見るようになり、ローカルのくせになぜかちょっとお高いイチゴを買ってみた。

ローカルだと、熟れたものを収穫して、すぐに売る。って感じなのであま~い匂いと、ピカピカの宝石の様に輝いていて、実際甘い!

ヤッター!とばかりに早速夢を実現してみました!

濃いピンクに染まるミルクがたまらんな~♪
旦那にはチョット変だ…って言われるけど。
ちょっと、サクサクのシリアルを混ぜて。
うま~~~??

幸せです☆


近々行けたら自分で摘みに行きたいな。そしたらもっと甘いのが堪能できて、しかも破格の値段だし♪





  1. 2012/06/25(月) 02:03:18|
  2. 徒然日記
  3. | コメント:0

Local Strawberry, Biking to colony farm

久しぶり(と言っても4日ぶり)の休みは、夏の初めにふさわしく24度くらいまで上がる、曇りだけど温かい一日でした~!


近くにローカルものをよく扱うマーケットがあるのですが、そこでローカルのイチゴが売られていました。
真っ赤でつやつやで、形もばらばら。なんとも魅力的に見えます。

こっちのイチゴはカルフォルニアとかからまだちょっと青いうちに収穫されて、運ばれてくるので甘みが全然足りない!
しかも、硬いし、日本で買えるイチゴとどうしてこんなに違うんだろうと考えた時、やっぱり日本は小さいから
熟れた状態で摘まれて、すぐに売りに出されるから甘くておいしいんだろうなという、私なりの考えに至りました。

ということは、やっぱりローカルものはごく最近摘まれたものだろうから、甘さも違うという事。

予想どおり、とっても甘くてジューシー!
牛乳かけて、フォークで潰して食べよ~~。昔からこの食べ方が好きですが、こっちのイチゴでは硬くておいしく出来なかったので嬉しい!

P1010311.jpg




昼からはチャリンコに乗ってカメラ散歩に行ってきました。

Port Coquitlam trailと言うのがあって、Port Coquitlamをぐる~~っと回るトレイルがあるのです。何キロくらいあるのか・・・?10km以上は絶対あると思うけど・・。

もちろん、全て一周したわけではないけれど、半分くらい分は走ったかも?



いつも行くPitt river沿いの堤防をいつもとは逆方向に走って行きます。

なつかしの蓮華や、最近出来たエコロジーがテーマっぽい湿地帯。

P1010330.jpg

P1010335.jpg



Pitt riverとFraser riverが交わる所では川の流れが速く、最近の雨の多さで水かさがかなり増しているので、色んな木々が流されていました。

道沿いの野花がとっても綺麗でした。

P1010343.jpg

P1010350.jpg

P1010352.jpg




そして、そのままColony farmという湿地帯の大きなParkへ。

カナダに引越ししてきた時、居候していたお家がこの近くなので、しょっちゅう来ていたところです。

ここの一角に、OrganicのCommunity Gardenがあります。
かなり広い土地に沢山の人が畑を作っていて、ここにくると必ずみて回ります。

旬の野菜があったり、お花が咲いていたり、何気ないガーデニングが施してあったりして、見ているだけで楽しいし、なんだかほっこりする場所です。

ここで畑がしたいと思うのですが、Waiting listがあるようで、なかなか始めるのは難しいらしいです。


P1010389.jpg

P1010359.jpg

P1010363.jpg

P1010361.jpg

P1010372.jpg

P1010377.jpg

P1010382.jpg

P1010364.jpg

P1010370.jpg


なかなか充実できた休日でした。


  1. 2012/06/22(金) 14:06:49|
  2. 徒然日記
  3. | コメント:4
前のページ 次のページ

最近の記事

プロフィール

NOBUEN

Author:NOBUEN
岐阜県田舎生まれ。田舎育ち。名古屋暦10年チョイ。カナダBC暦2007年7月終わりより。

ウィニペグ出身のダンナさんと2007年7月にバンクーバー郊外、Port Coquitlamへ移民。

日本での忙しかった看護師生活とは真逆のの~んびり生活を送りつつ、新たにカナダでも生活の根を生やそうと、RCA(Resident Care Aid:介護師)になりました。
それでは物足りず、又、介護師の過酷な仕事にも耐えがたく、結局正看護師を目指す事に。
2010年5月からRe-entryコースをとり、2011年6月CRNE(Canadian Registered Nurse Exam)受験し、無事に合格!!!
2011年8月からRNとして働いてます!!

そんな生活の日々の出来事や感じたことを残していきま~す。


直接メッセージを送ってくださる方、 nobue412@gmail.comまで

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。